BLOG

「豚コレラ?何それ?」と思う方がほとんどですよね?「ニュースで初めて知った」という方がほとんどだと思います。私もそうでした。「ニュースで騒ぐぐらいだから、とんでもなく危険なんだろうなぁ…」と漠然と思っても、詳しくは分からないので、調べてみました。

まず最初に気になるのは、人体への影響ですよね?ご安心ください。豚コレラは「いのししや豚の病気で、豚コレラにかかっている肉を人間が食べても問題がない」そうなんです。農林水産省のホームページでそう書かれているのですから、間違いないでしょう(笑)。

では、何でこんなに大騒ぎするのでしょうか?大騒ぎした「鳥インフルエンザ」は人間にかかると大変なことになるので大騒ぎにもなるのですが、「人間に関係ない」豚コレラっていったい…?

そこで再び農林水産省のホームページで調べてみました。かいつまんでご紹介すると、「とても感染力が高いいのししや豚の病気で、これにかかるといのししや豚が次々と死んでいく」病気だそうです。これって、畜産農家の方には大問題ですよね?それで大騒ぎになったのです。

さらに大騒ぎした理由もあります。今回発見された豚コレラは、今まで国内では見つかっていなかった「アフリカ産豚コレラ」というもので、ニュースを詳しく見ると、「致死率ほぼ100%」だそうです。インフルエンザみたいに「A型」とか「B型」とか色々な種類があるようで…。致死率ほぼ100%なんて、畜産農家の方にとっては大問題どころか死活問題ですね?日本の瀬戸際検疫、頑張ってください!

ニュースでは、「中国から新千歳空港へ着陸した便の乗客が、勝手に持ち込もうとしたソーセージがあって、勝手に持ち込まれたら困る(というか違法)なので没収して調べたら、ウイルスそのものではなく、その『遺伝子』が発見された」とのことです。北海道はおいしい食べ物がいっぱいあるので、わざわざ自前でソーセージを持ち込まなくても良さそうなものですが…。というか、北海道のソーセージ買ってください、おいしいですから(笑)。

今回発見されたのは「遺伝子」なので、「ウイルスそのもの」かどうかこれから調べるそうなのですが、「ウイルスそのもの」でないことを切に願っています。

コメントは利用できません。