BLOG

美容医療とは医学的根拠を持った治療であり、専門の皮膚科医や形成外科医によって行われます。

皆さんは「コラーゲンレーザー」という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか?

これは、レーザーによって肌のコラーゲンの増成を促す治療です。レーザーを照射する時間は5分ほど。事前に麻酔の注射を打つこともありません。皮膚を切ることもないのです。これによってメラニンを体外に出すことで、皮膚のシミは薄くなり、くすみも消えて肌が若々しさを取り戻すことができると言われています。

施術の後の日々の保湿には、皮膚の疾患の治療にも使われる医薬品の成分を含むクリームを使うクリニックもあるのです。ツヤのある肌を維持するためですね。肌の質を変えないと、シミができてくることを抑えることはできないと言われています。

1か月から3か月に1度、肌の治療を行うと、新たなシミに悩まされることもなくなると言われていますので、定期的に通院することもポイントとなります。

女性にとって、表情も気になるところ。ヒアルロン酸や、日本では「ボトックス」と呼ばれることの多いボツリヌストキシンという薬剤などの数種類の製剤を、シワができてしまった部分やその深さによって使いわけて注射することが効果的なようです。

クリニックによっては注射に際して局所麻酔を使ったり、患部を必要に応じて冷やすなど、痛みに対するケアを合わせて行ってくれるところもあるようです。

顎のたるみを引き上げるために打つヒアルロン酸は、即効性が期待できると言われています。ヒアルロン酸の注射を打った後、肌の表面がでこぼこしたり、内出血が起きるなどのケースもあるようです。美容医療のリスクについては、施術を受ける前にお医者さんとしっかりと話し合うようにしましょう。

コメントは利用できません。